ダンスが上手い日本人アーティストは?

初心者向けダンススクール「リアン」です。

リアンでは、ダンス初心者✖️大人の皆様が楽しく踊れるようになる環境を作っております。

名古屋・丸の内・栄・栄町・伏見・矢場町

の方は、是非一度遊びに来てみてください♪

 

さて最近では、歌だけではなくダンスも圧倒的なパフォーマンスをするアーティストの方が増えました。

そこで、ダンスが上手い日本人アーティストについてご紹介していきます。

ダンスが上手い日本人アーティストは?

 

●三浦大地

日本が誇る、また世界が認めるダンス&ボーカルアーティストの三浦大地。

「和製マイケルジャクソン」と呼ばれており、数々の世界的有名ダンサーをバックに従えることができるほどのカリスマ的アーティストです。

また、「LINEリサーチ」で日本全国の高校生が選ぶダンスがいちばん上手だと思う有名人のランキングでも1位に選ばれています。

紅白で見せた「無音シンクロダンス」では、ダンサーとしての実力を世間に知らしめました。

どこを切り取っても作品として成立してしまう美しいシルエットや静と動のメリハリ、ダンサーとのシンクロなど、複雑で難解な動きをこなしながら圧巻の歌声を響かせるパフォーマンス力は、日本が誇るトップアーティストです。

●Da-ice

Da-iceは、男性5人グループです。

あまりメディアに出ることはないのですが、「CDTVライブ」に芸人のEXITとコラボ曲「I got it get it」で出演した際に、赤髪の人は誰?とSNS上で大きく話題となりました。

Da-iceのダンスは、ハイレベルです。

特にダンスエースの和田楓は、「s**t kingz」から認められるダンススキルを持っています。

「s**t kingz」のOguriやshojiが彼のダンスセンスの良さやパフォーマーとしての意識の高さを絶賛しているのです。

ダンスの技術がハイレベルなことはもちろん、シンプルにダンスが好きなことが伝わる楽しそうな雰囲気も魅力といえます。

●SASUKE

作詞作曲、ドラム、ギター、ピアノなどなんでもこなしてしまう天才トラックメイカーです。

15歳という若さで「新しい地図」に楽曲提供もしていました。

2歳からダンスを始め、10歳のときにニューヨーク・アポロシアターアマチュアナイトで、日本人最年少で優勝しています。

音楽を表現するために磨いたダンススキルは、この世代のアーティストの中でも一際目立つものがあるのです。

ダンスが上手い日本人アーティストまとめ

いかがでしたか?

世界レベルの活躍を見せており、海外で勝負ができる実力をお持ちの凄腕パフォーマーな方々ばかりです。

ぜひ、注目してみてください。

トップへ戻る