代謝UPとダンス/栄ダンススクール

基礎代謝の続きになりますが…

 

基礎代謝とダンス

 

どうしたら基礎代謝をあげることができるのでしょうか?

マラソン?筋トレ?

 

肺活量を増やすことなんです❗

 

肺活量があがるということは、心肺機能が強化されるということになります。

血液や酸素が体中により行き渡るようになり、体中が活性化されて基礎代謝が高まるという仕組みです。

 

それでは、どうやって肺活量を増やすかというと、定期的に有酸素運動を行うことです。

 

有酸素運動をすると自然と呼吸器官の筋肉が鍛えられるので、肺活量がアップします。

 

継続的に、また定期的に、有酸素運動であるダンスをすることで、
呼吸器官を鍛えて基礎代謝をアップさせましょう!

 

次に体温をあげること

 

体温の高さは、基礎代謝をあげるためには必要不可欠です!

礎代謝をあげるためには、血液の流れをよくして、ホルモンを活性化することが重要なポイントとなります。

 

反対に、血液の流れが悪くホルモンが活性化しないと、

内臓脂肪や老廃物が溜まっていって、基礎代謝は下がります。

 

それでは、どうやって体温をあげたらいいのでしょうか?

 

それは、筋肉量を増やすことです!
実は、筋肉があるほど、身体はあたたまるものなのです。

 

筋肉量を増やすというと、特に女性の方は
「ムキムキになるなんてイヤ!」
と思われるかもしれません(笑)

 

見せるための筋肉を鍛えるというよりも、
特に首、胸、背中、お腹の身体の中心となる筋肉を鍛え、

全身のバランスがとれるように筋肉をつけることが大切です。

そのために、ダンスは最適なのです!

なぜかというと、ダンスは、回ったり、ジャンプしたり、伸びたり、弾んだり…と
音楽にあわせて様々な動きをするので、自然と、ここポイントです!

ダンスは身体のあらゆる部分の筋肉を自然と使うのです‼

 

自然と、バランスよく筋肉がつき、体温をあげて、

基礎代謝を高くしてくれるなんて、ダンス以外の方法を探すほうが大変ですね!

 

ダイエット目的のダンスの方も大歓迎です☺

普段使わない筋肉を使ってダンスしてみませんか❔
名古屋ダンススクールリアンでは、見学体験随時受付しておりますので、お問い合わせお待ちしております❗

 

トップへ戻る